So-net無料ブログ作成

EU-044 と EU-126 から運用した DL5ME Mario の運用レポート [IOTA]

今月、EU-044 EU-126 から運用した DL5ME Mario から、今回の運用に関してのレポートが届きましたので、ご紹介します。


私は EU-126 Syvaletto Is. から OH9AA/P を運用した際、多くの JA と QSO 出来た事に驚いています。 EU-126 では発電機からの電源で 50W の出力と 20m のみのグランドプレーンアンテナで運用したにも関わらず、55 局もの JA と交信出来ました。 実は、これはまったく予想もしなかった事で、ビームアンテナでもなく、リニアもなく、出力も 50W で、SFI が 67 で、たった 6 時間しか運用しないので JA とは 1 局も出来ないと思っていました。 私の目的は、大がかりな EU-126 からの IOTA ペディションのための情報収集だったからです。 しかし、JA の IOTA ハンターの何人かに新しいクレジットを提供出来た事はすばらしい事です。 多分、ご存知でしょうが、私の IOTA 運用に対して QSL はダイレクトをお願いしています。 今回の OH9AA/P については、私の友達の DH5MM へダイレクトで請求して下さい。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。