So-net無料ブログ作成
検索選択

AS-200 のクレジットについて [IOTA]

今年7月5日に追加された AS-200 四国沿岸の島のクレジット方法に関し、以下の様になりました。
  1. JA5CPJ 滝川さん、JA5FOP 大石さん、JA5QYR 佐々木さんの QSO 数(6大陸、1,856局)をIOTA委員会へ報告し、8月7日付けで暫定AS-200P から正式承認の AS-200 に変更になりました。
  2. AS-200 のクレジットに使える QSL カードは、2014 年7月5日以前の QSO でも受け付けられます。
  3. AS-200 のクレジットを申請する際、既に AS-076 のクレジットを得ているカードを一緒に提出して下さい。  これは、AS-076 のクレジットが AS-200 に属しない島である事を確認するためです。
  4. 既に AS-076 のクレジットを得た QSL カードが、AS-200 に属する島からの QSL カードだった場合、新たに AS-076 の QSL カードを提出する事で AS-076 のクレジットが受けられます。
  5. 新規に AS-076 のクレジットを申請する際、出来る限り "/5" ではない QSL カードを使って下さい。

既に IOTA ウェブサイトは、AS-200 の QSO データが入力出来る様になっています。 ただし、直島諸島に属する島は、プルダウンリストの最後にリストされていますので、ご注意下さい。


AS-200 のクレジット対象となる島のリスト [IOTA]

今回の見直しで、四国沿岸の島が AS-076 から独立して AS-200 となりましたが、そのクレジット対象となる島名のリストが発表されました。 過去に AS-076 でクレジットを得たカードが、今回の分割で AS-200 にクレジットされる島のカードの場合は、次回のアップデートの際に同封していただく事でクレジットを移行いたします。 AS-200P の暫定「P」が取れる以前の QSO はいつまで遡って有効なのかは、現在 IOTA マネージャの G3KMA Roger に問合せ中ですので、もう少しお待ち下さい。



リストは、ここからご確認下さい。


IOTA V/UHF アワード申請受付け [IOTA]

昨日、IOTA 新規申請のカードが到着し、日本で初めて V/UHF のみによる IOTA-100 アワードのクレジットを処理しました。 ワールドワイドでは、昨年時点で、欧州 11 名、北米 1 名、南米 1 名の合計 13 名が取得されています。 今サイクル24のツインピークの今年、もう少し申請が増えるかも知れません。 おめでとうございます。

IOTA 楯用シール [IOTA]

今回のアップデートIOTA 楯用のシールを申し込まれた JH2IEE 萩原さんから、「サイズの異なるシールが2種類届いた」との連絡がありました。 IOTA 委員会の G3KMA Roger に確認しましたら、「IOTA-750 の楯には2種類あり、どちらの楯をメンバーが保有しているかどうか IOTA HQ では不明なので、両方を送付している」とのことでした。 サイズの合わないシールは処分いただいて結構です。

IOTA ウェブの問題点 [IOTA]

今回のアニュアルリスティングの申請で、「電子アワード」を選択したのに、料金が「紙アワード」の「6ポンド」になってしまう、と言う不具合が明らかになりました。 原因が判らなかったのですが、IOTA ウェブサーバチームの解析により、以下の事が判明しました。
  • 申請の際、「電子アワード」の他に、「シール」や「」や「トロフィー」を同時に選択すると、全てを郵送する様にソフトウェア設計されているため、「電子アワード」にも関わらず、「6ポンド」と計算されてしまう。
  • 恒久的解決には、ソフトウェアの変更が必要であるが、ソフトウェアはボランティアにより作成されたため、変更には更なるボランティアを募集しなければならず、現時点では候補者がいない。
  • 一時的な解決方法としては、郵送が必要な物と「電子アワード」を同時に選択して申請しないでほしい。 (だだし、別途「電子アワード」のみを申請しようとすると、必要最低限の申請料「8ポンド」が加算されてしまうので、チェックポイントで減算処理が必要)
次回以降、申請される場合には、事前にチェックポイントにご相談下さい。

YE5R OC-108 Siantan Is. のカード到着 [IOTA]

今年の11月に実施された YE5R OC-108 Siantan Is. のカードが YB4IR Imam より届きました。 過去に何回か運用されていたのですが、何故か QSO 出来ていませんでしたので、さらに +1 となりました。 裏面の QSO データ欄の日付けが Nop となっており、英語Nov(ember) ではなかったのですが、インドネシア語の11月は、Nop(ember) である事がネット検索で判明しましたので、問題ないと考えますので、クレジット申請される方はそのままのカードをお送り下さい。 (Thank you, Imam! )
oc108.jpg
両面カラーのカード

HP0INT シリーズのカードが到着 [IOTA]

今年の9月に駆け足でパナマの5つの IOTA から運用した HP0INT シリーズのカードが F4BKV Vincent から届きました。 今月、Vincentアジアへ来ており、先日も台湾からオンエアしていましたが、今回 OQRS で請求したカードは台湾から投函されていました。 これで +3 の New がコンファーム出来ました。 Thanks Vincent!!


na071.jpg

NA-071 Boca Brava Is.


na072.jpg

NA-072 Naos Island


na088.jpg

NA-088 Colon Island


na170.jpg

NA-170 Ogobsibu Island


na202.jpg

NA-202 Grande Island


na203.jpg

NA-203 Iguana Island


IOTA Web マニュアル改訂 [IOTA]

お伝えしました様に、IOTA Web サイトのデザインレイアウトが変更になりましたので、それに合わせてウェブマニュアルを改訂しました。 IOTA CP JA のホームページからダウンロード出来る様にしました。 ご参考にされて下さい。


ManualTop.jpg

改訂したマニュアルのトップページ


RSGB IOTA のウェブサイトデザイン変更 [IOTA]

昨日、IOTA のサーバが休止するアナウンスを見たのですが、今日覗いてみたら、ウェブデザインが大幅に変更になっていました。 又、クレジット入力画面でも「ADIF Log」によるデータアップロードが可能になっていて、一から入力するユーザーには入力の手間暇を省ける、うれしい機能アップが実装されていました。 これで少し申請者が増えるといいのだけど、入力よりも沢山ある QSL カードから IOTA のカードを探す方が面倒で申請してくれないのかも知れません。


new_website.jpeg

デザインがずいぶん変わった。 中段の一番左にログデータからアップロード出来る様になった。 Good Job!


【追加情報】
実際にはADIFからのアップロードは未対応でした。
新しいデザインのWeb画面によるマニュアルを今週末に準備します。


SA-054 YW5X Orchila Is. カード到着 [IOTA]

今年8月に実施された YW5X SA-054 Orchila Is. のカードが到着しました。 ベネズエラ海軍の協力を得て、渡航したもので、「ベネズエラ海軍の日」を記念して実施された模様です。  ちょうど夏休みを取った週でしたので、普段は運用出来ない平日の 07UTC 頃に CW で交信出来たものです。 962 番目のコンファームでした。 IOTA-SA にはあと 3 IOTA が必要です。


sa054.jpg

OQRS でカード請求、早々に到着しました Tks DM4TI Udo


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。